CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
タグ

  • seo
クリックお願いします
MOBILE
qrcode


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |


早産と切迫早産
妊娠中期から後期にかけての心配事のひとつに、早産と切迫早産があります。

早産とは、赤ちゃんがまだ未熟な妊娠22週〜37週未満にお産が始まることをいいます。
早産は、妊娠月数が満ちていないだけであって、お産の始まりは普通の分娩と同じです。
産後、赤ちゃんの成熟度に合わせた治療が必要になってきます。
場合によってはNICU(新生児集中治療室)の整った病院へ転送されることもあります。
赤ちゃんが自分の力で生きられるようになるまで、保育器に入って過ごします。

それに対して切迫早産とは、妊娠が継続しているものの、22週〜37週未満に規則的な子宮収縮(陣痛)が続いたり、子宮口が開く前兆として子宮頸管が短くなったり、子宮口が開いたり、早産の兆候がある場合をいいます。
そのままお産が始まらないように、安静を第一に過ごします。
お医者さんの指示に従って、自宅で、または入院して、早産の兆候がなくなるまで横になって過ごします。
必要に応じて、子宮収縮抑制剤を服用したり、点滴による治療が行なわれます。
少しでも早く対応するため、「規則的なおなかの張りが続く」「出血がある」「おなかや腰に痛みを感じる」「破水した(あるいは、したかもしれない)」という時には、すぐ病院に連絡をとって受診してください。

早産の原因は、ママ側としてB群溶連菌やクラミジアなどによる感染症、子宮の形の異常、子宮頸管無力症、前置胎盤や羊水過多、赤ちゃん側として逆子の場合、多胎妊娠の場合、などがあるといわれています。
しかし、どれにも当てはまっていなくても、早産の兆候があらわれることもあります。
早産を避けるために、頻繁におなかが張る人は運動のし過ぎに注意したり、妊娠高血圧症候群などの合併症にならないように体重の増えすぎや塩分の摂りすぎに気をつけてください。

| 妊娠全般 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


妊娠中期のマイナートラブル 
妊娠すると、赤ちゃんをおなかの中で育てるしあわせ感でいっぱいになる反面、さまざまな不快な症状も出てきます。
妊娠初期に悩まされたつわりが治まる中期頃には、また別のマイナートラブルがやってきます。

次に、その症状をいくつか挙げてみます。
●妊娠線…妊娠が進んでくるとおなかや乳房、太ももなどに赤色っぽいみみず腫れのような腺が出ます。
 妊娠線は妊婦の70〜80%に見られ、一度できると完全には消えませんが、お産が終われば線は白っぽくなり目立たなくなります。
 急激な体重増加による脂肪の増加や、皮膚の乾燥などでできやすくなりますので、体重管理や皮膚の保湿で多少防ぐことはできます。
●体毛が濃くなる…妊娠により分泌量が増えたホルモンの影響で体毛が濃くなることがありますが、お産が終われば元に戻ります。
 また、髪の毛がパサつく、抜け毛が目立つ、などの毛に関するトラブルも起こりやすくなります。
●皮膚のかゆみ…ホルモン分泌の変化により、肌が敏感になり、かゆみを感じる人が多くなります。
 我慢できないときはお医者さんに相談しましょう。
●頭痛・肩こり…大きくなった子宮のせいで血行や姿勢が悪くなることや、出産への不安などから頭痛や肩こりがひどくなるママもいます。
 適度な運動や入浴で血行をよくし、ストレスを解消すると、痛みがやわらぎます。
●しみ・そばかす…ホルモンバランスの変化で、しみやそばかすができやすくなる人もいます。
 帽子や日焼け止めで、普段から日焼け防止に心がけましょう。
●めまい・立ちくらみ…大きくなった子宮に圧迫されて血行が悪くなり、急に立ち上がったときに脳に流れる血液が一時的に不足し、めまいや立ちくらみを感じることがあります。
 ゆっくりペースで動くことが大切です。

| 妊娠全般 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


妊娠初期のトラブル
妊娠初期にあたる4ヶ月までは、何かと心配も多い時期です。
特に心配されるのが、流産と切迫流産でしょう。

流産とは妊娠22週未満に子宮内で赤ちゃんが育たずに、妊娠が中断することをいいます。
全妊娠の10〜15%に起こり、妊娠12週未満では胎児側、12週以降では母体側に原因がある場合が多いのですが、はっきりとした原因がわからないこともあります。
流産してしまったら、次の妊娠の妨げにならないよう、手術などで胎児や胎盤などを子宮から完全に取り出します。
その後はお医者さんの許可を待って、性生活を開始します。

完全に妊娠が中断してしまう流産に対し、切迫流産は、出血やおなかの張りなど、流産の兆候はあるものの、妊娠は継続している状態をいいます。
流産の兆候が治まれば、その後の赤ちゃんの成長に影響はほとんどありません。
切迫流産のおもな自覚症状は、生理痛のような下腹部の痛みやおなかの張り、だらだらと続く少量の出血などがありますが、超音波検査で赤ちゃんの心拍を確認するなどしないと、正確なことはわかりません。
切迫流産と診断されたら、止血剤や子宮収縮抑制剤を処方される場合もありますが、まず第一は症状が治まるように安静にします。
出血がひどい場合は入院を勧められるケースもあります。
症状がなくなれば、普通の生活が可能です。

このほかに妊娠初期で気になるトラブルが、子宮外妊娠です。
これは受精卵が卵管や卵巣など、子宮ではないところに着床してしまうことです。
尿検査などで妊娠反応は出るのに、超音波検査で胎嚢が確認できない場合は、子宮外妊娠の可能性があります。
妊娠4〜6週頃に血の混じったおりものや突然の激しい下腹部痛が起きるのが特徴です。
卵管に着床した場合、自然に流産することもありますが、妊娠8〜9週になるまで放っておくと、胎児がその場所では成長しきれなくなって卵管破裂を起こすこともあります。
早期発見するためにも、自分で検査薬を使って妊娠反応が出たら、すぐに産婦人科で診察を受けることが大切です。

| 妊娠全般 | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


妊娠中の体重管理について
妊娠すると、体重が増えるきっかけがたくさんあります。
まず、何か食べないと気持ち悪くなってしまう食べづわり、つわりが終わった後の反動、ストレスで食欲増進、そして周囲からもっと食べるように促されたり運動不足が重なって…
そのうえ、妊娠するとママの体や赤ちゃんを守る本能が働いて、エネルギーをため込もうとする体質に変化してしまうのです。
体重管理が難しいのも当然といえばそうなのです。

とはいえ、必要以上に太ると、さまざまな問題が出てくるのです。
妊娠中には腰痛が起こりやすくなったり、妊娠線ができやすくなったり、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)にもかかりやすくなります。
また、産道に脂肪がついて狭くなり、難産になる引き金になりかねません。
出産時に微弱陣痛にもなりやすいといわれています。

体重増加はどこまでOKか、というと、病院で厳しく管理されるところ、妊婦さん本人に任せているところとさまざまですが、基本的に、妊娠時点で標準体重だった人は+10kgまで、やせ過ぎだった人は+12kgまで、太りすぎだった人は+8kgまで、と目安にするとよいでしょう。
胎児・胎盤・羊水で約4kg、ママの血液・水分・子宮や乳房の増加分で約3.3kg、それ以上の増加はママの皮下脂肪などです。

妊娠中の食事は、栄養バランス、減塩、低カロリーを心がけるようにしましょう。
また、つわりが治まって気分も晴れ晴れ、食欲も晴れ晴れ…と間食を増やしてしまわないよう、そしておなかが大きくても経過が順調なら適度に体を動かすなど、小さな努力を積み重ねて、体重をしっかり管理していきましょう。

| 妊娠全般 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


妊娠中の食事について
早い人では妊娠がわかったその日から数ヶ月にわたって耐えてきたつわりのつらさ。
胃のむかむか、吐き気など、なった本人しかわからないそのつらさが、だいぶ楽になってくるのが妊娠5〜6ヶ月頃です。
しかし何でも食べられるようになった反面、これからのために食生活に気を付けないといけない時期なのです。

おなかに赤ちゃんがいるからといって、妊娠前の2倍の量を食べる必要はありません。
それより出産トラブルを避けるためにカロリーや塩分を控えるべきです。
どちらも多く摂り過ぎると妊娠高血圧症などの病気の原因になり、出産に影響してしまいます。
そのほか、できれば避けたいものに次のようなものがあります。
●カフェイン…血管を収縮させるため、赤ちゃんへの酸素や栄養の供給に支障が考えられます。
 コーヒーを1日に1杯飲む程度ならそう影響はありませんが、飲み物はほうじ茶や麦茶にするのがベターです。
●一部の魚…メカジキやキンメダイは水銀の蓄積が多いため、週2回程度までにしたほうがよいです。
●添加物や農薬…妊娠していなくてもそうですが、できるだけ含まれていない食品を選びたいものです。
●アレルゲン食材…同じ食材や食品ばかりを毎日大量に食べていると、アレルギー体質になる可能性があります。
 バランスよくいろいろな食材を摂りましょう。

積極的に摂りたい栄養素には次のようなものがあります。
●葉酸…妊婦向けに葉酸のサプリメントが市販されているくらい、葉酸は赤ちゃんの成長に欠かせない栄養素です。
 特に妊娠初期の赤ちゃんには不可欠です。
 海藻や緑黄色野菜、レバーなどを積極的にメニューに加えたいものです。
●ビタミンB群…不足すると疲れやすくなったり肥満に拍車がかかったりします。
 互いに相乗効果があるので、B群全体の摂取を心がけてください。
 発芽玄米、魚、レバー、豚肉、納豆などに多く含まれます。
●鉄…ママの貧血予防と赤ちゃんの成長に必要で、妊娠前の3倍必要になります。
 アサリ、ひじき、納豆、小松菜。そら豆などに含まれます。
●ヨウ素…海藻類や魚介類に含まれ、たんぱく質や脂肪の代謝をよくする栄養素です。
| 妊娠全般 | 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


妊娠したいと思ったら…
計画的に「そろそろ妊娠したいなぁ」と思ったら、いくつか気にかけておくとよいことがあります。

まず基礎体温ですが、これは排卵日を知る手がかりにもなりますが、毎日測ることで自分の体調をチェックしたり把握したりするのにも役立ちます。
基礎体温とは安静時(おもに起床時に床の中で)に口の中で測る体温です。
女性は月経周期に合わせて、基礎体温が低温期と高温期に分かれます。
月経から排卵までは低温期が続き、排卵日はさらにコトンと体温が下がります。
排卵日の翌日から高温期に入り、妊娠しなかった場合は予定月経の頃に体温が下がり、月経開始となります。
しかし妊娠した場合は、予定月経頃になっても高温期が続きます。
基礎体温は、妊娠中のトラブルを見つけるのにも役立ちますので、妊娠した場合でもつけ続けるとよいと思います。

次に妊娠前にチェックしておきたい病気に以下のようなものがあります。
●風疹…妊娠初期に感染すると、胎児に視力や聴力の異常や心臓疾患などの障害を起こす心配があります。
 妊娠前に抗体の有無を確認し、抗体がない場合はワクチン接種を受け、その後2ヶ月間は避妊するなどの対応をとります。
●貧血…妊娠すると血液の循環量が増え、貧血ぎみになります。
 もともと貧血の人は、妊娠するとさらにひどくなりますので、妊娠前から改善する努力をしましょう。
●子宮筋腫…子宮内に筋肉のこぶのようなものができる病気で、こぶの位置によって受精卵が着床しにくいことから、不妊や初期流産の原因になることがあります。
 月経痛がひどかったり、妊娠しにくいときは、病院で調べてもらうとよいかと思います。
●虫歯…妊娠中はホルモンバランスの変化やつわりの影響で、虫歯や歯周病が悪化することが多いです。
 またお腹が大きくなると、歯医者さんでの治療を受けるのも大変になってきますので、妊娠前に歯の病気は治しておきましょう。
●性感染症…梅毒や淋病、エイズなど、ママだけでなく赤ちゃんにも大きな影響を与える病気があります。
 妊娠前にパパと一緒に検査を受け、必要があれば治療しましょう。
●はしか…妊娠中の感染は、ごく初期に流産の心配があります。
 また、大人の感染は重症化しやすいため、妊娠前に感染の有無を調べておきましょう。

このほか基本的なことですが、食生活や睡眠、運動などに気を配り、安定した妊娠生活を送るために、健康的な生活習慣を心がけることが大切です。

| 妊娠全般 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今なら資料請求するだけで、生協商品の無料サンプルがもらえます♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
生協の宅配をはじめてみませんか?
| 1/1PAGES |