CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
タグ

  • seo
クリックお願いします
MOBILE
qrcode


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |


妊娠4ヶ月(12〜15週)赤ちゃんの様子
妊娠4ヶ月頃の赤ちゃんは、頭からおしりまでの長さが約16cm、体重は約100gにまで成長しています。
超音波写真を見ると、妊娠12週頃にはすでに頭、胴、手足が識別でき、小さいながらも人間の形をしていて、本当にかわいらしく感じます。
この頃の妊婦健診は基本的に4週間に1度ですので、受診して超音波写真を見るたびに成長している赤ちゃんの姿を見たくて、はやく受診予定日が来ないかな、と待ち遠しく感じるママも多いと思います。

この頃までには体の基礎が作られ、心臓や肝臓など、体の各器官が機能し始めます。
2ヶ月前にはまだチューブ状だった脳も急成長をとげ、大脳、小脳などが形成されます。

妊娠15週頃までには胎盤が完成し、赤ちゃんは発達成長するために、へその緒を通して酸素や栄養を摂取し、老廃物や二酸化炭素をママへ返すようになります。
胎盤はこのほかホルモンを分泌して成長を助けることもします。
そうして出産にむけての準備を進めるのです。
胎盤と赤ちゃんを結びつけるへその緒は、妊娠後期には50cmほどの長さになります。

またこの頃の赤ちゃんは骨格もほぼ完成し、手足に筋肉がついてくるので、足を曲げたり伸ばしたり、羊水の中で回転するなど、動きが活発になります。
手足の指も分かれてきます。
皮膚も少し不透明に変化し、厚みが増してきます。
目はまだ閉じたままですが、口は開け閉めし、時には口に触れたものに吸いつく動作も見られます。
生まれてからおっぱいを飲む練習を、この頃からしているんですね。
腎臓の機能も発達し、羊水を飲んでおしっことして排泄するようになります。

| 妊娠3ヶ月〜4ヶ月 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


妊娠3ヶ月(8〜11週)ママの体
妊娠3ヶ月目は、多くの人が産婦人科での妊娠診断を受け、「妊娠した」という事実を受け入れたと同時にお腹の中の赤ちゃんへの愛情が育っている頃だと思います。
しかし、この頃は実はママにとって少しつらい時期なのです。
それは、症状の程度には個人差がありますが、つわりがピークを迎える時期だからです。
吐き気や胃のむかむか、眠さやだるさなど、不快な症状が続きますが、これも赤ちゃんが元気に育っている証拠です。
もう少しの間、とがんばりましょう。

胎盤はまだ完成していませんが、へその緒を通じて、少しずつママから赤ちゃんへの栄養補給が始まっています。
新陳代謝が活発になるため、よく汗をかくようになるママもいます。
子宮は、妊娠10週になると握りこぶしくらいの大きさになります。
外見からはまだお腹の大きさは目立ちません。
子宮が大きくなるため、膀胱が圧迫されてトイレが近くなったり、足の付け根に痛みを感じたり、下腹部に圧迫感を感じることもあります。
また、大きくなる子宮に周囲の筋肉が引っ張られるため、下腹部につれるような軽い痛みを感じる人もいます。
乳房はさらに張るようになり、乳首も敏感になります。

また、妊娠するとホルモンの分泌量が増え、新陳代謝が活発になることから、おりものが増えます。
量が増えただけであれば心配はいりませんので、下着をこまめに替えるなど、清潔を保ってください。
でも、白いボロボロした感じであるとか泡状であるなど、いつもと状態や色が違ったり、においが強い時は、膣炎などの病気の心配もありますので、受診してください。

| 妊娠3ヶ月〜4ヶ月 | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


妊娠4ヶ月(12〜15週)ママの体
妊娠4ヶ月に入ると、つわりもひと段落してくる人も多いです。
基礎体温も下がって低温期に入るので、眠気やだるさが治まり、妊娠生活を楽しむ余裕も出てくる頃です。
ただ、つわりの程度には個人差があるので、もう少し長引く人もいます。
もうしばらくの我慢です。

子宮は子どもの頭くらいの大きさになり、これは恥骨の上に出るくらいの大きさなので、外からもおなかのふくらみがわかるようになります。
妊娠する前に着ていたスカートやジーンズがきつく感じるようになる人もいるでしょう。

妊娠15週頃までには胎盤が完成し、流産の可能性がぐっと低くなります。
体調がよい時には適度に体を動かすことが大切です。
そして太りすぎの予防とストレス解消に心がけましょう。
つわりが終わって食事にも気を配れるようになったら、カロリーコントロールと便秘予防のため、考えて献立を立てるようにしましょう。

もともと女性は月経の影響で貧血ぎみですが、妊娠すると血液の量が増えて水っぽくなるため、鉄が不足してさらに貧血がひどくなります。
貧血がひどくなると体力が低下したり、出産時の出血が多くなったり、産後の子宮の回復が遅れるなどの心配がありますので、積極的に鉄分の多い食品を摂るようにしましょう。
ただし、ママが貧血でも赤ちゃんにはほとんど影響はありません。
赤ちゃんは自分の血液を作るために、優先的にママの鉄分を摂取しているからです。
食事からの鉄分補給だけでは貧血が改善しないときは、お医者さんが鉄剤を処方してくれます。

| 妊娠3ヶ月〜4ヶ月 | 14:46 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |


妊娠3ヶ月(8〜11週)赤ちゃんの様子
妊娠した女性にしかわからないつわりの症状に、少々つらい時期を過ごしているママが多い3ヶ月目。
つわりで体がだるくて仕方ないママとは対照的に、この頃の赤ちゃんはすくすくと元気に、そして着々と人間らしい体になってきています。

妊娠2ヶ月の頃には「胎芽(たいが)」と呼ばれた赤ちゃんは、妊娠3ヶ月に入る8週目になると、人間の赤ちゃんとして「胎児」と呼ばれます。
しっぽは完全になくなり、頭や胴、足がはっきりしてきて、顔もおでこやあご、まぶたができて人間らしい顔立ちになります。
内臓もさらに発達し、肝臓が本格的に血液を作り始めたり、血液循環も始まったり、羊水を飲んで時々おしっこをするようにもなります。
羊水の中では体を曲げ伸ばしたり、手足を動かしたりと活発に動き、へその緒も長くなることもあって、羊水の中を動き回れるようになります。
皮膚の色はまだ透明で、血管や内臓が透けて見えます。

これまで赤ちゃんは「卵黄嚢(らんおうのう)」と呼ばれる組織から栄養をもらって成長してきましたが、この頃から、胎盤とへその緒を通してママから栄養をもらうようになります。
外性器も発達して、11週の終わり頃になると、男女の性別がはっきりしてきます。
妊娠すると早いうちから赤ちゃんの性別が気になってしまうものですが、まだ超音波映像で捉えるのは難しいですね。

赤ちゃんが元気かどうか調べる時に重要なのが、超音波検査で確認できる心拍です。
赤ちゃんの心拍は、1分間に120〜140で、大人の約2倍の速さです。
小さな心臓を一生懸命に動かして成長しているのですね。

| 妊娠3ヶ月〜4ヶ月 | 11:54 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
今なら資料請求するだけで、生協商品の無料サンプルがもらえます♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
生協の宅配をはじめてみませんか?
| 1/1PAGES |