CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
タグ

  • seo
クリックお願いします
MOBILE
qrcode


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |


妊娠6ヶ月(20〜23週)赤ちゃんの様子
妊娠6ヶ月になると、大きくせり出したママのおなかからもわかるように、赤ちゃんはどんどん大きくなり、妊娠23週頃には身長(頭殿長)約30cm、体重約650gにまで成長しています。
そのため、妊婦健診時の超音波の画面にも全身が写らなくなります。
しかし、頭と手のアップを見ることができたり、手をグーにしているとか指の形まで見ることができるようになります。

この頃の赤ちゃんは子宮の壁を蹴ったり、両足のつま先をくっつけたり、羊水の中で活発に動き回ります。
妊娠16週頃には赤ちゃんがまだ小さく、元気に動いていてもママには気付きにくかったのですが、妊娠20週頃からは動きが力強くダイナミックになり、感じる胎動もより強くなってきます。
しかしこの頃はまだ赤ちゃんの位置が定まっていないので、健診時に逆子になっていることもよくあります。
多くは今後、頭を下に向けた頭位に戻ります。

顔にはまゆ毛やまつ毛が生え始め、髪の毛も濃くなってきます。
口の中には、将来、乳歯となって生えてくる部分が形作られます。
皮膚の神経や聴覚、味覚、嗅覚などの感覚がさらに発達します。
手のしわや指紋のもとになる隆起も盛り上がってきます。
消化機能も発達し、羊水を飲んでおしっこをしますが、胎児のおしっこは水のようできれいです。
また卵巣や精巣が発達し、下垂体などからのホルモン分泌も盛んになり、外性器の形もはっきりとしてきます。
妊娠したとき、すでに赤ちゃんの性別は決まっているのですが、この頃になってやっと超音波映像で確認できるようになります。
しかし超音波映像により性別を知ることができても、その結果が100%確実とはいえません。
また赤ちゃんの位置や姿勢によっては、外性器部分を確認することができないこともあります。
赤ちゃんの性別を知りたいママにとっては、また次回の健診までのお楽しみ、ですね。

| 妊娠5ヶ月〜6ヶ月 | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


妊娠5ヶ月(16〜19週)ママの体
妊娠5ヶ月は中期にあたり、胎盤も完成して、いわゆる「安定期」に入ります。
子宮は大人の頭くらいの大きさになり、ママは見た目にもふっくらしたおなかの妊婦さん体型になってきます。

この頃から妊婦健診で、子宮の大きさを調べるために子宮底長と腹囲を測り始めます。
子宮底長は、足を伸ばした仰向けの姿勢で、恥骨の上から子宮底(子宮の一番上の部分)までの長さをメジャーで測ります。
腹囲はおへその上のおなかの一番大きいところにメジャーをまわし、おなかまわりの長さを測ります。

また、18週頃から胎動(おなかの赤ちゃんの動き)を感じ始める人も出てきます。
経産婦(妊娠が2回目以降の妊婦)の場合はもう少し早く、16週頃から胎動を感じる人がいます。
胎動の感じ方には個人差があり、おなかの中で空気の泡がポコポコと動く感じ、だとか、おなかの中をスーッとなでられている感じなど、いろいろです。
また、一般に太っている人よりもやせている人のほうが感じやすいとも言われています。
ただしこの時期はまだ赤ちゃんの体重も軽く、動いても母体に響きにくいので、5ヶ月末頃まで感じない人もいます。
超音波映像で赤ちゃんの元気な様子が確認できれば、胎動を感じるのがゆっくりであっても心配することはありません。

この頃はおなかだけでなく乳房も大きくなり、ウエスト辺りにも皮下脂肪がついて、全体的にふっくらとしてきます。
妊娠前の下着がきつく感じてきたら、マタニティー用の下着にそろそろ替える時期です。
成長するバストやおなかをやさしく、それでいてしっかりとサポートしてくれるものを選びましょう。

| 妊娠5ヶ月〜6ヶ月 | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


妊娠6ヶ月(20〜23週)ママの体
妊娠がわかった時には見た目にもまったくわからなかった体型が、たった数ヶ月ですっかり妊婦さんの姿になってきます。

妊娠6ヶ月になると、子宮は大人の頭よりひと回り大きくなり、子宮底もおへその辺りまで達します。
前にせり出すように大きくなった子宮を支えるため、ママの体は反り返った姿勢になります。
そのせいで、背中の痛みや腰痛、足がつるなどのマイナートラブルに悩ませるママが増えてきます。
これらの症状をやわらげるには、体を動かして血行をよくすることが大切です。
運動は体重のコントロールにも役立ちます。

また妊娠すると乳腺葉(乳腺)が発達し、脂肪がついて乳房が大きくなります。
母乳が本格的に分泌するのは産後ですが、準備は妊娠中から始まっているのです。
この頃は、母乳を作るホルモンであるプロラクチンが分泌されるので、乳頭から半透明の乳汁がにじみ出てくる人もいます。

妊娠中に、パパとママ二人の思い出作りに旅行をするなら、体調が安定している中期のうちがよいでしょう。
移動や日程に無理のない近場がおすすめです。
母子手帳、健康保険証、かかりつけの病院の連絡先、生理用ナプキン、動きやすい服装、はきなれた靴、の準備をお忘れなく。
また、念のため、出発前に診察を受けておくと安心です。

妊娠中期に入ったママを対象に母親学級や両親学級を開催する病院や保健所などがあります。
両親学級についてはパパも参加できますので、ぜひ受講し、妊娠や出産の正しい知識、新生児のお世話などを夫婦一緒に学んでほしいと思います。

| 妊娠5ヶ月〜6ヶ月 | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


妊娠5ヶ月(16〜19週)赤ちゃんの様子
妊娠初期のいろいろな不安やつわりにつらい時期を過ごしていたママも、5ヶ月になると落ち着いてマタニティーライフを送れるようになります。
そしておなかの中の赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しめるようになる時期でもあります。

この頃の赤ちゃんの頭は鶏卵大、つまり、妊娠する前のママの子宮ほどの大きさになります。
身長に対する頭の比率が少し小さくなり、4頭身くらいになります。
骨格と筋肉も発達し、赤ちゃんはさらに羊水の中で活発に動けるようになります。
足を前に伸ばしたり、首を振ったり、動きにバラエティが出てきます。
その動きをおなかの中で感じ始めるママも出てきます。
赤ちゃんからの「元気にしているよ」のサインです。
胎動を感じるときが、妊娠して一番しあわせを感じるときだというママもいます。

赤ちゃんの皮膚の色はだんだんと赤みを帯び、体型も、皮下脂肪がついて少しふっくらしてきます。
「胎毛」と呼ばれる産毛も全身に生え、手足には爪が生えてきます。
でも爪が完成するのは8ヶ月頃です。
聴覚機能がかなり発達し、外の音に反応するようになります。
たくさん赤ちゃんに話しかけてあげてください。
逆に、パパとママのけんかの声も聞こえてしましますから、ここは夫婦仲良く過ごしましょう。

おっぱいを吸う準備として自分の指をしゃぶる動きも盛んに見られるようになります。

子宮の中で、赤ちゃんは羊水に浮かぶような格好をしています。
赤ちゃんは羊水を飲んでおしっこを羊水に排出していますが、羊水は赤ちゃんを外の衝撃から守るクッションの役目も担っています。

| 妊娠5ヶ月〜6ヶ月 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今なら資料請求するだけで、生協商品の無料サンプルがもらえます♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
生協の宅配をはじめてみませんか?
| 1/1PAGES |