CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
タグ

  • seo
クリックお願いします
MOBILE
qrcode


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |


妊娠8ヶ月(28〜31週)赤ちゃんの様子
妊娠8ヶ月の頃の赤ちゃんは、身長(頭殿長)約40cm、体重約1500gにまで成長しています。
妊娠28週を過ぎると、心臓や腎臓、骨髄など、赤ちゃんが自力で生きていくための器官の機能がほぼ完成します。
出生後の肺呼吸の練習として、まるで呼吸しているように定期的に肺をふくらませる様子も見られます。
万が一、早産になったとしても、適切な低体重児医療を受ければ育つ可能性がかなり高くなりました。
ただし、肺は呼吸に似た動きを始めたものの、まだ未熟な状態です。
そのため、もうしばらくはママのおなかの中で育つ必要があります。

赤ちゃんには皮下脂肪がつき、体がさらに大きくなり、だんだん子宮が窮屈になってきます。
活発に体を回転させようとする赤ちゃんもいますが、頭を下にする「頭位」の姿勢になる赤ちゃんが増えてきます。
この時点で逆子の赤ちゃんもいますが、妊娠9ヶ月で自然に頭位に戻ることがあるので、早くからあまり心配することはありません。
最終的に逆子で出産を迎えることになる人は、全体の3〜5%程度といわれています。

逆子を治すための体操として、両膝と胸を床につけ、おしりを高く持ち上げる胸膝位を5〜10分保つ方法があります。
いわゆる「逆子体操」ですが、行なうにはお医者さんの許可をもらい、おなかが張ったらやめてください。
また、逆子治療に鍼灸を取り入れている産院もあるようです。
鍼灸は逆子を治すだけでなく、安産や産後の回復にも効果があるそうで、副作用のない方法として、妊娠をきっかけに鍼灸を初体験する人の話もよく聞かれます。

| 妊娠7ヶ月〜8ヶ月 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |


妊娠8ヶ月(28〜31週)ママの体
妊娠28週からは、妊娠後期に入ります。
子宮底長は、31週には約26〜29cmになり、おへそとみぞおちの中間くらいまで達します。
足元が見えにくいくらいおなかが大きくなるので、特に階段の上り下りなど、注意が必要です。
また「靴下が履きにくい」ことを実感するママも多いことでしょう。

この頃は、大きくなった子宮が心臓や胃を押し上げるため、動悸や息切れ、胃もたれを感じやすくなります。
また下腹部や足のつけ根に重苦しさや痛みを感じることもあります。
妊娠にともなう症状とはいえ、体に負担がかかっているサインですから、無理をせず休みましょう。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の心配も高まってきます。
一日中むくんでいるときは要注意なので、お医者さんに相談してください。
また、夕方から夜にかけて、おなかが張り、硬くなる回数も増えます。
休むと治まるものであれば、妊娠にともなう生理的なものなので心配ありませんが、ずっと張りが続いている、定期的に張りがやってくる、などの場合は受診してください。
それが早産の兆候であってもなくても、ひとりで心配せず、お医者さんに診てもらえば安心です。

また、後期に入ったこの時期から、そろそろ赤ちゃんにつける名前を相談しておきましょう。
「生まれて顔を見てから決める」という人もいるでしょうが、いざとなってあわてないように、男女両方の名前の候補をいくつか考えておくとよいかと思います。
名前に使えない漢字も法律で決められていますので、名づけの本などで調べておくとよいです。
パパも一緒に、赤ちゃんがいる暮らしをイメージして、赤ちゃんを迎える準備をしていってくださいね。

| 妊娠7ヶ月〜8ヶ月 | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


妊娠7ヶ月(24〜27週)赤ちゃんの様子
赤ちゃんの性別は妊娠した瞬間に決まっていますが、区別が目に見えてわかるようになるのはこの頃です。
超音波検査を受けたときの赤ちゃんの体位によっては、もっと早い時期に分かることもありますが、妊娠7ヶ月頃になると、ママが見てもわかるくらい外性器がはっきりと写ることがあるのです。
病院の方針などにもよりますが、赤ちゃんの性別が気になるママは、お医者さんに尋ねてみるのもよいかもしれません。

この頃の赤ちゃんは身長(頭殿長)約35cm、体重約1000gです。
身長の伸びが緩やかになる代わりに、皮下脂肪が増え、体がふっくらしてきます。
全身に産毛が生え、皮膚も厚くなり、以前より肌色に近くなってきますが、まだ皮下脂肪が十分ではなく、しわが多い状態です。

脳も発達し、運動機能も充実してきます。
今までは子宮壁にぶつかったときにはずみで回ることが多かったのですが、この頃からは自分の意思で向きを変えたり、動きをコントロールできるようになります。
聴覚が発達し、ママの心臓の音が聞こえるようになります。
また子宮が大きくなり、妊娠が進むにつれママの腹壁が薄くなってくるため、ママの声や外界の音もさらによく聞こえるようになります。
まぶたは上下に分かれ、まばたきができるようになります。
まだ明暗を認識する程度ですが、視覚も発達してきます。

超音波の画像を見ると、赤ちゃんが正面を向いていれば、その顔立ちがわかるようになります。
健診時にもらった超音波写真を持ち帰って、パパ似かな、ママ似かなと、家族で話すのも楽しみですね。
この頃はまだ、胎児の大きさに比べ、羊水の量は多めです。

| 妊娠7ヶ月〜8ヶ月 | 11:30 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |


妊娠7ヶ月(24〜27週)ママの体
妊娠に気付いてからおよそ半年が経ち、妊娠中期も最期の月になります。
子宮はおへその上まで大きくなり、子宮底も23〜26cmほどになるので、下腹部だけでなくウエストまわりも重く感じるようになります。
赤ちゃんがおなかを蹴ったり、ぐるんと回転する動きなど、頻繁に感じるようになります。
この頃には、おなかの外から触っても胎動がわかるくらい強くなります。
パパが待っていた感覚がやっと感じられます。
たくさんおなかをなでで、たくさん話しかけてあげてくださいね。

一方で、おなかが大きくなったことで起こるマイナートラブルに悩まされるママも増えてきます。
たとえば静脈瘤もそのひとつで、ふくらはぎや太ももの内側、外陰部などの血管がこぶのようにふくらみます。
また、おなかやバストの皮膚が引き伸ばされることで、妊娠線が現れることもあります。
静脈瘤や妊娠線は、痛みがあったり、見た目が気になりますが、妊娠にともなう生理的な変化ですので、お産が終われば、ほとんど気にならない程度に改善されます。

そのほかにも便秘や立ちくらみ、足のむくみなどがひどくなったり、仰向けに寝るのが苦しくなってきます。
腰や背中が痛く、仰向けに寝るのが苦しいときは、体の左側を下にして、シムスの体位をとりましょう。
ひざにクッションをあてると、体が安定します。

妊娠中期を過ぎる頃から、おなかの張りを感じる人も増えてきます。
ママが感じるおなかの張りは子宮の収縮です。
座ったり横になると治まる張りなら心配いりませんが、安静にしても張りが続くときは、お医者さんに診てもらってください。

| 妊娠7ヶ月〜8ヶ月 | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今なら資料請求するだけで、生協商品の無料サンプルがもらえます♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
生協の宅配をはじめてみませんか?
| 1/1PAGES |