CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
タグ

  • seo
クリックお願いします
MOBILE
qrcode


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |


妊娠9ヶ月・10ヶ月の赤ちゃんの様子
妊娠が判明した日からおよそ7ヶ月間、マタニティーライフを楽しんできましたか?
おなかもすっかり大きくなって、おなかの赤ちゃんとも楽しくコミュニケーションがとれるようになっていることでしょう。

妊娠9ヶ月(32〜35週)頃の赤ちゃんは、見た目にはもう新生児とそう変わりません。
手足は活発に動かしますが、子宮の中で回れないくらい体は大きくなっています。
妊娠9ヶ月の始めである32週頃には自律神経が成熟し、交感神経と副交感神経のバランスがとれ、心拍や呼吸、体温調節の働きが整ってきます。
ただ、まだ完全ではないので、もう少しおなかの中にいたほうが、産後スムーズに胎外生活が送れます。
35週になると、肺と腎臓の機能が完成してきます。

そして妊娠の最終月である10ヶ月(36〜39週)に入ると、心臓や呼吸器などの器官が成熟し、出産のスタートに向けて赤ちゃんも準備を開始します。
頭を下にして、ママの骨盤の中に降りてきます。
子宮が窮屈になってきたので、赤ちゃんは両腕をぴったり胸につけ、あごをひき、ひざから曲げた両足をおなかに引き寄せたコンパクトな姿勢になります。

一般に39週の赤ちゃんの体重は3000〜3100gといわれていますが、個人差が大きいです。
おなかにいるときの推定体重は、超音波で診たBPD(頭の横幅)、FL(太ももの骨の長さ)、FTA(腹部の前後幅と横幅)を計算式に当てはめて調べますが、実際の体重とは誤差があります。

誕生直前の赤ちゃんと新生児の違いは、肺呼吸をしているかどうかです。
胎児の肺機能は35週頃から急速に成熟し、37週では肺呼吸が十分可能になります。

おなかの中で、驚くほどのスピードで成長を遂げてきた赤ちゃん、ママと一緒に出産を乗り越え、ママに抱っこしてもらえる日もすぐそこですね。

| 妊娠9ヶ月〜10ヶ月 | 22:03 | comments(11) | trackbacks(0) | pookmark |


妊娠9ヶ月(32〜35週)ママの体
妊娠35週になると、子宮底長はやく31cmになり、みぞおちあたりまで達します。
これは妊娠の期間中でもっとも高くなる時期で、そのため大きなおなかを抱える大変さをいちばん感じるのが9ヶ月といえます。
心臓や肺も圧迫されるため、動悸や息切れがひどくなったり、胃のむかつきもピークを迎えます。
膀胱も圧迫されるので、トイレの回数が増えてきます。
また、くしゃみやせきをすると少量の尿がもれることもあるでしょう。

出産の準備も始まり、膣や子宮口が柔らかくなってきます。
そのため、おりものがさらに増えたり、外陰部に腫れぼったい圧迫感を感じることもあります。
血液の循環量がさらに増え、夕方になるとむくみで靴がきつくなったり、足首が太くなる人もいます。

この頃になると出産も間近ということもあり、特に初めての妊娠の場合は、不安や緊張の日々を過ごしている人もいることでしょう。
出産を乗り越える大きな力になるのは「赤ちゃんに会いたい」というママの前向きな気持ちです。
出産の知識を身につけておくと、不安を減らすことができ、出産が楽しみになってきます。
妊娠9ヶ月に入ったら、陣痛を乗り切るリラックス法を練習しておくとよいでしょう。
長時間の分娩を乗り切るには、上手にリラックスして、心身の負担をできるだけ軽くすることがコツなのです。
また、腰の痛みのやわらげ方として、仰向けの状態で握りこぶしを腰にあて、腹式呼吸で吸う時に押し、吐くときに力を抜く方法もあります。

呼吸の仕方やマッサージ、力の抜き方など、リラックスする方法を助産師さんに相談してアドバイスをもらうなどして、出産をイメージしながら練習をしてみてください。

| 妊娠9ヶ月〜10ヶ月 | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今なら資料請求するだけで、生協商品の無料サンプルがもらえます♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
生協の宅配をはじめてみませんか?
| 1/1PAGES |