CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
タグ

  • seo
クリックお願いします
MOBILE
qrcode


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |


便秘と痔の予防
妊娠すると、便秘がひどくなる人が増えます。
それは、妊娠を継続させるために増える黄体ホルモンが腸の動きを抑えたり、大きくなった子宮が腸を圧迫して動きを妨げたりするからです。
また、運動不足や野菜不足の食生活も、便秘を悪化させる原因になります。

解消法として次のような方法があります。
●食物繊維をたくさん摂る…ほどよい柔らかさと量の便を作り、腸内環境を整える食物繊維を1日20〜25gを目標に摂ります。
●適度な運動をする…腸の動きを刺激するため、毎日ウォーキングなどで適度に体を動かすことも必要です。
●ヨーグルトを食べる…ヨーグルトに含まれる乳酸菌などの善玉菌を増やして、腸内環境をよくします。
●水分を1日1?摂る…水分が不足すると、便が硬くなり、便通が悪くなります。
 食事で摂る分も含めて、1日1?を目標に水分補給をしてください。
●決まった時間にトイレに行く…毎日、出ても出なくても同じ時間帯にトイレに行きましょう。
 便意を感じやすくなります。
しかし、いろいろ試しても苦しいときは、自己判断で市販の便秘薬や浣腸を使わず、必ずお医者さんに相談してください。

また、便秘がひどくなると、肛門の粘膜が傷ついて出血したり、静脈が圧迫されてうっ血し、こぶができます。
これが痔です。
放っておくと悪化するので、早めにお医者さんに相談してください。
座薬など、妊娠に影響しない薬を処方してもらえます。
また、普段から、立ちっぱなしは避ける、お風呂で血行を促進する、排便時に無理にいきまない、排便後はシャワートイレで清潔を保つ、など痔の予防に努めることも大切です。

| 妊婦の病気 | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


腰痛を予防するために
妊娠中期に入ると、大きくなったおなかを支えるために、背骨が反り返ったカーブになり、腰に負担がかかりやすくなります。
また、ホルモンの影響で、背骨や骨盤の関節がゆるみ、体の重みを支える力が弱くなっていることも腰痛の原因になります。
妊娠にともなう生理的な変化なので、残念ながら、産後まで腰痛がすっきり解消されることはありません。
むしろ、これからさらにおなかが大きくなるので、痛みが増すことがあります。
そこで今のうちから正しい姿勢を保ち、適度な運動で血行をうながして、腰への負担をできるだけ減らすようにしましょう。

長時間、同じ姿勢を続けるのは避け、疲れたら横になって休むことも大切。
妊娠中も仕事を続けているママはなかなか横になるのは難しいですが、上司に相談して休憩を小分けにしてとるなど、無理のないかたちで働けるといいですね。
楽な姿勢でも痛みが続くときは、椎間板ヘルニアなど他の病気の心配があるので、お医者さんに相談しましょう。

腰痛をひどくさせないための日常生活でのいくつかの注意点を以下に挙げておきます。
●料理のとき…立ち続けず、時々いすに座って休んだり、低い台に片足を交互に乗せると筋肉の緊張がやわらぎます。
●掃除のとき…掃除機は柄の長さを調節して片手で持つと、背筋が伸びて腰が楽になります。
●いすに座るとき…背もたれに背をつけ、深く腰掛けます。
●階段の上り下り…猫背にならないよう背筋を伸ばし、重心を片足にしっかり乗せてから、もう一方の足を動かしてください。
●床に座るとき…アイロンがけなど、床に座るときも、台の高さを調節してまっすぐな姿勢を保ってください。

また、ネコのようによつ這いの姿勢で背中を丸めたり背骨を反らしたりを繰り返すストレッチや、仰向けに寝て両ひざを立て、握りこぶしで腰の気持ちよい部分を押しながら両ひざを左右交互に倒して腰をひねる体操も、腰痛をやわらげる効果があります。

| 妊婦の病気 | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


妊娠中の薬やレントゲンの影響
病気やケガの痛みなどのつらい症状を治してくれる薬ですが、妊娠している時はおなかの中にいる赤ちゃんにも影響するということを忘れてはいけません。
とくに妊娠初期は気をつけてほしい時期です。
赤ちゃんの脳や心臓、神経などが急ピッチで作られる妊娠4〜16週にかけては、むやみに薬を服用すると奇形などがおきる可能性もあります。
このように妊娠の可能性がある場合には、薬の服用に関して気を配ったほうがよいです。
とはいえ、一般に売られている市販薬はどの人にもまんべんなく効くようにできているため、劇的な効果を期待できない分、赤ちゃんへの影響も大きくはありません。
市販薬を用法を守って数回服用したくらいなら、あまり心配はないでしょう。

しかし素人判断で市販薬を服用するのはよくありません。
例えば、実は風邪ではなくインフルエンザだった、という場合には、不必要に風邪薬を飲む原因になります。
インフルエンザの場合、40度以上の高熱が出れば少なからず赤ちゃんに影響しますし、激しく咳き込むことで腹圧もかかってしまいます。
風邪かな、と思っても、お医者さんに妊娠中であることを告げたうえで的確な薬を処方してもらいましょう。

また、妊娠初期に気をつけたいのがレントゲンです。
妊娠4〜16週にエックス線を大量に浴びると赤ちゃんに影響します。
でも胸部エックス線やCT検査くらいの放射線量なら、子宮に近い骨盤以外の検査であれば、まず問題ないでしょう。
「会社の健康診断でエックス線検査を受けた直後に妊娠が判明した」と心配する人が多いのですが、胸部エックス線なら子宮から離れているし、放射線の量も少ないので大丈夫です。

| 妊婦の病気 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |


妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)
妊娠中に気をつけたい病気に妊娠中毒症があります。
妊娠中毒症は、2005年から妊娠高血圧症候群という名称に変更されています。

妊娠によって血管にけいれんのような収縮が起こる病気で、全身で起こると高血圧に、腎臓で起こるとたんぱく尿が出ます。
そのため、診断の定義は「妊娠20週以降、分娩後12週まで、高血圧が見られる場合」「高血圧にたんぱく尿をともなう場合」となっています。
妊娠すると血圧は高めになりますが、最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上の場合に高血圧と診断されます。

症状がでやすいのは妊娠後期で、悪化すると早産や未熟児出産などのトラブルにつながることもあります。
早期発見には、妊婦健診を欠かさず受けることが大切です。
妊娠高血圧症候群と診断されたら、まずは安静と食事療法で、必要に応じて薬物療法も治療に加えます。

妊娠高血圧症候群にかかりやすいタイプとしては、もともと高血圧や腎臓病、甲状腺疾患などの病気がある人や、前回の妊娠で中毒症にかかっている人、多胎妊娠の場合、血縁家族に高血圧の人がいる場合、などがあります。
また、味の濃いものが好きな人や栄養バランスが偏っていたりカロリーの高い食事をしている人、妊娠してから体重が増えすぎた人も、この病気にかかりやすいタイプといえます。

対策としては、うす味に心がけ塩分を控えること、卵や牛乳、豆腐や鶏のささみなど良質なたんぱく質を摂ること、血圧を下げる作用のあるカルシウムを多めに摂ること、適度に体を動かし、睡眠は十分にとること、などがあります。

| 妊婦の病気 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今なら資料請求するだけで、生協商品の無料サンプルがもらえます♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
生協の宅配をはじめてみませんか?
| 1/1PAGES |